MENU

出産後の抜け毛を少しでも減らしたい人へ

出産している方なら、誰もが通った道だと思います。
抜け毛は男性だけじゃなく女性にとっても大問題!

 

出産後に大量に毛が抜けている人もいます。
年齢に限らず20歳で産んだ方でも、大量に抜けます。
筆者も21歳の時に産みましたが、いまだに抜け毛が治りません。

 

ただ努力をすれば、抜け毛の量を減らす事は誰でも可能なので、紹介しますね。

 

たいていは自然に治すもの

 

今まで綺麗な髪の毛を維持してきてロングヘアだった。
でも子供を産んで綺麗な髪の毛がパラパラと抜けていく。

 

髪の毛は女性にとって命の次に大切!という人もいます。

 

そんな大切にしている髪の毛が減ったら、パニックを起こしてしまう人もいます。

 

でも出産した後に抜けるのは仕方のない事です。
これは出産したら通らねばならぬ道だと思って良いです。

 

妊娠中に女性ホルモンが急激に上がります。
そして出産すればそれが急激に減ります。

 

その波が高くホルモンが崩れてしまって毛が抜けてしまいます。

 

ただ女性ホルモンは徐々に戻っていくものなので、焦る必要はありません。
自然に戻っていきます。
約2ヶ月〜1年かかります。
長いと思うかもしれませんが、脱毛と同じです。

 

脱毛も1回ではツルツル肌にはなりませんよね?
2ヶ月に1回ずつ2年ぐらい通って、ようやくツルツルの肌を手にいれる事ができます。

 

出産後の抜け毛も同じです。
すぐに戻るのではなく、ゆっくり時間をかけて体内を妊娠前に戻し最後は抜けなくなる。

 

なので、出産後は気にせず気長に抜け毛がなくなるのを待ってみましょう!
自然治癒が一番良いですからね。

 

それでも気になるなら・・・

 

抜け毛が気になると、今使っているシャンプー&リンスが合わないのではないか?

 

育毛剤が良くないのではないか?と思って変える人がいますが変えてもあまり変化はないでしょう。

 

こういったものを気にするのではなく、食事を気にしてみてください。

 

普段食べている食事はきちんと栄養を考えて作っていますか?

 

面倒臭いからといって、ファーストフードやお肉中心の生活にしていませんか?
食事の乱れが体の乱れにつながります。

 

きちんとカルシウムの取れる食事をして、野菜中心の生活にしてみましょう。
食事をきちんと考えるだけで、抜け毛はだいぶ改善されますよ。

 

タンパク質やカルシウム・ミネラルが重要ポイントです。
洋食は週1にして、残りは和食生活をしてみてください。

出産後の抜け毛に効く大豆イソフラボン

女性が美容を意識しているのは、大切な事ですよね?
綺麗でい続けるために、化粧品にも気を使っている事でしょう。

 

その中でよく出てくる名前。
それは「イソフラボン」です。
聞いた事はあるでしょう。

 

大豆イソフラボンの化粧水や乳液が良いと一時期は流行しました。

 

大豆イソフラボンには女性ホルモンのエストロゲンに似ています。

 

なぜ出産した後は抜けるのか?
それは妊娠中に女性ホルモンが一気に増加して、出産後に一気に減少するからです。

 

急激に寒い場所から急激に暖かい場所へ行くと、体調を崩してしまいますよね?
それと一緒です。

 

そんな急激な行動を抑えるために、大豆イソフラボンはGOOD!

 

エストロゲンという言葉を聞いた事がない人のために、少しだけ紹介しておきます。

 

エストロゲンというのは、女性に欠かせない卵巣のコントールをしてくれます。
他にも生理の周期をコントールしてくれたり・・・。

 

大豆イソフラボンを摂取している人としていない人では全然違います。
筆者は生理不順できちんと毎月1ヶ月に1回来ません。

 

1週間早まる時もあれば、1週間遅まる時もあり1ヶ月近く遅れてしまう事も。

 

でも大豆イソフラボンを摂取してからはきちんと来るようになりました。

 

他にも自律神経や血中コレステロールなど、女性の体を良くするための働きがあるのです。

 

出産した後は、できるだけ毎日大豆イソフラボンを摂取してください。

 

納豆や豆乳などは大豆製品なのでお勧めです。
毎朝納豆を食べる!
お風呂上がりに豆乳を飲む!
こういった事を毎日しているだけで、抜け毛は改善されていきます。

 

またカルシウムもきちんと取りましょう。
出産後はカルシウムが不足してしまいがち・・・。

 

これも大豆イソフラボンで補う事が出来ます。